読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やらずに死ねるかっ」と泣き叫べるものがあなたにはあるか。

何不自由ない生活。

安心して過ごせる国があり、家族とは仲良くやっており、
勤めていた会社のメンバーも本当に素敵な人たち。
何不自由ない生活を送っていた。

 

何不自由ない、、、

 

本当にそうだろうか?

 

いや、不自由だ。自由がなかったんだ。

私にはそれは窮屈なことで、耐えがたいことだった。


明日は白紙の1ページ。好きな色で好きな絵を描こう。

今、この文章を書いている私にとっても、
読んでいるあなたにとっても、
1秒先の未来も、さらにその先も何も決まっていない白紙だ。

私は書く作業を好きな時に放り投げて、
いきなり外に飛び出すこともできる。

そして、あなたも次の瞬間から、
どんなことだって始めることができるんだ、本当は。


(この文章がしばらく下に続いていそうなら、
私は書き続けることを選んだわけです。)

 

明日は、人生ノートの白紙の1ページ。

想いを綴るのもよし、絵を描くのもよし、
腹の底から歌を奏でるのもよし。

毎晩、明日という1ページをどんなページにしようかと
考えながら寝られるのが、私にとって最高の瞬間。

f:id:KuniCoach:20170328235131j:plain


人生ノートはいつ終わるかわからない。

ただ、人生ノートはいつ終わりが来るかわからない。
まだまだ残りページあるな~と思いながら普段過ごしているわけだが、
突然、残りページが破りとられてしまうことがあるんだ。
本当にしょっちゅう。

f:id:KuniCoach:20170328234939j:plain


「やらずに死ねるかっ」と思えるようものなんてなかった

もともとやりたいことなんてなかった。
やりたいことがある人は輝いて見えた。

 

自分のやりたいことって何かな~♪ふわっ
そんな感じでお気楽に探してた。

 

でもひょんなことからコーチングに出会い、
自分の過去の人生を振り返り、
今まで感じてきた心震える怒り、苦しみ、喜びすべてのエネルギーを統合して
前に進む力を得られるようになった。

 

そして、幸いなことにそのコーチングという術も身につけ、
今まで以上に周りの人たちの力になることができるようにも。

 

やらずに死なすわけにはいかない

心の底からやりたいことがある躍動感、
そこに向かうことができるんだという有能感、
困ったときには仲間が助けてくれる人がいる安心感。

 

この感覚を一緒に味わいつつ、
一人一人が本当にやりたいことを
自分の中から発見し、
現実のものにしていくのを
コーチングをしながら伴走する。

 

コーチというはそういう仕事であり生き方なのです。

 

コーチングやらずに死ねるかっ!

 

KuniCoach @まだまだ冷え込む夜に暑苦しくお届けしました。